歯科

やっぱり歯科医院は痛い!?

虫歯の治療などをするときは、痛いというイメージを持っている方が殆どなのではないでしょうか。虫歯治療は痛いことから、我慢できる範囲であれば歯科医院に行かない方も多いです。しかし、我慢してしまうと治るものも治らなくなってしまいますので、歯に違和感を感じたら歯科医院に行ったほうがいいです。また最近では、無痛を謳う歯科医院もあります。そこで今回はそういった無痛を謳う歯科医院ではどのような治療を行っているか紹介していきたいと思います。
【表面麻酔を使用】一般的な歯科医院では、歯茎に麻酔針を刺して麻酔をします。しかし、無痛で治療をする場合は表面麻酔を利用します。シールタイプのものや、クリームタイプの物まで様々な種類があります。麻酔針の痛みはかなり痛いので、シールタイプのものだと嬉しいですね。この方法は前歯などの痛みが出やすいところには、有効な手段です。
【まとめ】このように麻酔のかけかたによっても、痛さはかわっていきます。もちろん、直接歯茎に刺した方が痛いですよね。また虫歯治療する上では、歯を削る際も痛みが感じやすいです。しかし、麻酔を正確にかけることによって痛みが感じにくいです。このように基本的には麻酔が効きますが、効果が薄い方もいるので注意しましょう。

トピックス

コンテンツ一覧

SITE MAP